食品業界

食品業界の厳しい要件のためのEKATOソリューション

かくはん、混合、溶解、加熱、冷却、発酵、水素化のどのプロセスであっても、EKATOかくはん機が望ましい製品品質と性質の達成をしっかりとサポートします。

何かお困りですか?

当社専門家がお客様にアドバイスいたします。
「連絡先を検索」

油脂およびマーガリン、フルーツデザートおよび濃縮果汁、はちみつ、ココアおよびチョコレート、ケチャップ、乳製品、砂糖などは、どれも生産プロセスのある時点で混合が必要です。食品業界での混合作業、混合プロセス、特に衛生基準(建築材、表面品質、CIP/SIP能力、無菌設計)に関わる、異なる要件を検討し、経済的なかくはん機設計へとまとめ上げなければなりません。

発酵および水素化のプロセス特性は、食品業界の中でも特に困難を伴います。

発酵プロセス中、生成物の粘性は5,000 mPasを超えます(食品増粘剤のキサンタンなど)。
そのような高粘性発酵プロセスは通常、高速度のガス処理と組み合わせられます。

それにより、適したインペラタイプの選択やインペラの配置に大きな影響を及ぼし、可能な限り最良な生成物品質を実現します。ソルビトールおよびキシリトールのような砂糖代用品の多くは、適切な砂糖を水素化することにより製造されます。最新鋭の混合技術(EKATO Combined Gassingシステムなど)を使用して、空時収率を大幅に増加させながら触媒量を削減することも可能です。

EKATO Combined Gassingシステムは、砂糖代用品の製造ばかりでなく硬化油脂(マーガリンなど)の製造にも利点をもたらします。このケースでは、EKATO Combined Gassingシステムは物質移動に優れるため、必要なヨウ素価に到達する時間を大幅に短縮することができます。

かくはん、混合、溶解、加熱、冷却、発酵、水素化のどのプロセスであっても、EKATOかくはん機が望ましい製品品質と性質の達成をしっかりとサポートします。

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索