連絡先

皆さんのお役に立ちます

EKATO GROUP
+49 7622 29-0

最寄りの連絡先を探す

すべての連絡先
EKATO

バイオ技術産業における撹拌技術

発酵、均一化、滅菌プロセス

バイオ技術は21世紀の主要な技術として考えられています。その主な用途の1つは、バクテリア、菌類、酵母、植物細胞、ウイルス、哺乳類細胞、およびこれらの生産物などの、生きた有機体を使用することです。

EKATOは、バイオ技術の企業を4つの領域でサポートしています。これには、発酵、均一化、滅菌などのバイオ技術のプロセスと、バイオベースで生分解可能な基本的な素材の合成が含まれます。EKATOの専門知識は、発酵プロセス、計画、分析、研究所でのテストの実装、工業規模の量への増量における、数十年の経験が基になっています。また、砂糖と砂糖の代用品の製造、無公害薬品とポリマーの合成に関する数多くの (参照) プロジェクトを完了させています。

発酵のタスクの1つは、酵素、バクテリア、菌類、酵母を使用して、化学物を合成することです。阿多田らしい用途は、バイオ技術の多くの分野における最近の進化と新しいインサイトにより実現しています。例えば、微生物学の微生物の機能、細胞の滅菌と培養の向上、高性能な有機体を作り出すための対象を決めた遺伝子操作です。言うまでもなく、撹拌技術は大きな貢献を果たしています。現代の発酵プロセスは、酵素、医薬品有効成分、アミノ酸、ビタミン、微生物の代謝産物などの物質を得るために使用されています。これらの製造プロセスの多くは、撹拌型発酵槽で最も効果的に行われます。

環境と気候の両方に優しい製造プロセスがプロセス産業でさらに重要となっています。撹拌リアクターは、バイオベースで生分解可能な化学物とポリマーの製造でよく使用されます。このようなプロセスでは、カスタマイズされた撹拌機システムの対象とする使用により、効率的な質量と熱の移動が確実になり、プロセスの持続可能性と環境への優しさに大きな貢献を果たします。

発酵プロセスでは、開発は生産性と発酵槽の最大量の増加に直面しています (規模の経済)。二次代謝産物の製造は、粘度が非常に高く、極めて非ニュートンの性質の発酵もろみ液の原因にもなります。

結果として、発酵槽と撹拌機システムの両者の課題は、発酵もろみ液、熱移動、大気拡散の均一化に関して発生します。研究所から製造の規模にまで正常にスケールアップするために、EKATOがその包括的なノウハウを提供します。

理想的には、研究所規模のテストで協業がすでに開始します。この場合、EKATOはテストの計画と結果の分析をサポートし、プロセスと幾何学的なパラメータの両方の最適なスケールアップのための必要な情報を取得できるようにします。

撹拌機システムと発酵槽の幾何学の選択は、熱移動要素とバッフルと合わせ、数字上のフローシミュレーション (CFD) によって実現できます。すべての発酵コンポーネントを安全かつ障害なしで作動させるために、機械的なスケールアップを有限要素法 (FEA) によって実現できます。

滅菌設計の特殊な要求がある場合は、EKATOは発酵槽内部のソリューションだけでなく、シーリングシステムの特殊な滅菌設計を提供します。

  • バイオベースで生分解可能な製品
  • 発酵
  • 環境に優しい化学
  • 環境に優しいポリマー

関連トピック

これらのトピックに興味を持たれるかもしれません

Fermentation_1400x800-aspect-ratio-5-4

発酵

現代の発酵プロセスは、酵素、医薬品有効成分 (API)、アミノ酸、ビタミン、微生物の代謝産物などの物質を

詳細
04_Hydraulikkomponenten-1-aspect-ratio-5-4

メカニカルシール用 油圧部品

混合技術では完全なメカニカルシールシステムによってのみ、混合容器の信頼性の高いシールを確保できます。

詳細
Headerbild_Process_Development_1400x800-aspect-ratio-5-4

適性

EKATOは、マシンやプラントのライフサイクル全体において、お客様と話し合いパートナーとなります。最初のアイディアから、試験と後の産業混合プロセスへのスケールアップを通し、最終的にはすぐに利用できるプロセスのプラントに至るまでです。

詳細