水素化プラントの安全コンセプト

水素化プラントの計画および安全コンセプトの開発では、爆発防護に特に注意を払う必要があります。

何かお困りですか?

当社専門家がお客様にアドバイスいたします。
「連絡先を検索」

EKATO - 安全コンセプト:専門コンサルティングおよびサービス

水素は、広範な大気爆発限界を特徴としており、水素/空気混合物は、4~77% (vol) の濃度範囲でわずか0.02 mJの非常に低いエネルギーで発火します。

水素化プラントの計画および安全コンセプトの開発では、爆発防護に特に注意を払う必要があります。リスク分析の過程で、お客様と一緒に水素化プラントの通常のまたは逸脱した運転に起因する化学的または物理的な危険性を評価します。この目的のために、異なる、そしてしばしば企業固有の方法が用いられます。最終的には、発生確率とその重大性に応じ、て危険を常に評価します。運転リスクを特定次第その評価を行い、リスクの排除または抑制するために最良の技術的または組織的な措置を講じます。水素化プロセス、典型的な機能、使用される成分、およびそれらの水素化プラント内での相互作用に関する当社の詳細な知識は、潜在的な危険性の評価に大いに貢献しています。

EKATOは、水素化プラントの計画中ばかりでなく、設置、試運転、訓練、ドキュメンテーション、および後の修正や転換の際にも、プラントの安全についてお客様をサポートいたします。 

EKATO‐水素化プラントの安全技術

水素は非常に高い拡散性を有します。したがって、プラント機器全体および個別のコンポーネントの絶対的厳重さを考慮する必要があります。すべての取り外し可能な接続でより高い圧力に対応するため、特殊な(多くの場合金属製の)シールが必要です。かくはん機シャフトや反応器循環ポンプ(ループリアクタ)などの回転部品では、特別設計されたEKATO安全シールを必ず使用します。動作圧力に応じて、二動式または三動式メカニカルシールまたは磁気ドライブをこの目的のために使用可能です。EKATOはこれらを水素化応用向けに特別に設計し、1982年以来社内で製造しています。圧力分割器を装備した最新の三動式メカニカルシールは、最大200 barの動作圧で安全かつ確実に動作します。

Contact
EKATO Hydrogenation Plant Technology
電子メール hydrogenation@ekato.com
Address Hohe-Flum-Strasse 37
79650 Schopfheim

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索