WINGJET

化石燃料火力発電所の排煙脱硫向け

EKATO Wingjetは、排煙脱硫プラント内の吸収塔のために開発されました。この応用向けの最も成功した効果の高いインペラです。その他の応用にはサイドエントリーかくはん機が必要ですが、このインペラの人気が高まっています。

何かお困りですか?

当社専門家がお客様にアドバイスいたします。
「連絡先を検索」

化石燃料発電所の排煙脱硫装置に使用されるWingjetは、特別に最適化された流動特性を有するインペラの良い例です。

ほぼサイドエントリー型であるこれらのインペラの主な作業は、石膏を懸濁させ、非常に大きな吸収器タンクに空気を分散させることです。このプロセス専用のEKATO Wingjetの設計では、効率向上に重点が置かれました。

ブレード設計は、ブレードの長さと円周へ均一に動力を伝達するという要件に基づいて行われました。ウイングレットはブレード先端の渦を抑制しますので、従来のプロペラで発生するこの領域での浸食損耗が防止されます。

運転中のEKATO WINGJET

特徴

  • 高出力密度による軸流の最適化
  • 酸化空気の分散による高速度の物質移動
  • ブレード先端に取り付けられたウイングレットで損耗を最小化
  • より高いガス発生率と改善された懸濁能力で、
    コスト削減、かくはん機の数または消費電力の低下が可能

ダウンロード

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索