back

INTERMIG

中粘性媒体の混合に効果的なインペラ

EKATOは特殊なブレードを備えたインペラ開発しました:1枚の内側のブレードと、2段の外側のブレードは同じ遠心径方向の平面にありますが、対向するブレード角度となっています。このインペラは、主に中粘性の領域での均質化に使用されます。この混合設定により、表面ガス処理中の高い物質移動係数を達成可能です。

何かお困りですか?

当社専門家がお客様にアドバイスいたします。
「連絡先を検索」

EKATO開発INTERMIGは、主に軸流ポンプ式であるインペラで、複数段が互いの上部に配置され、それぞれが90°の角度で互い違いに配置されています。典型的には、2つの段階と2つの流動配向体があるレイアウトとなっています。

EKATO INTERMIGとその他の混合システムとの間の決定的な違いは、2つのブレードの配置です。内側のブレードと2段の外側のブレードは同じ遠心径方向の平面にありますが、対向するブレード角度となっています。これにより、内側セクションおよび外側セクションの対向する方向に一次軸流ポンプ流が生成されます。この効果のため、INTERMIGは中粘度範囲での混合に非常に適しています。また、表面ガス処理の間の物質移動係数が大きくなります。

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索