EPOX- R

耐損耗最適化インペラ - 酸化オートクレーブでの使用に最適

耐損耗最適化された特殊なブレード形状のインペラは、損耗保護コーティングまたはセラミックブレードをオプション装備しています。酸化オートクレーブでの使用に最適です。

何かお困りですか?

当社専門家がお客様にアドバイスいたします。
「連絡先を検索」

金属抽出における濃縮懸濁液の処理は、インペラのサービス寿命の要件が厳しくなっていることと関連しています。鉱石処理におけるガス処理プロセスに必要とされる高い先端速度は多くの場合高い損耗率につながり、特にインペラブレードの場合に当てはまります。EPOX-Rは、POX (Pressure OXidation) プロセスで必要な物質移動を提供し、インペラの損耗を低減するために開発されました。改良されたブレード形状により渦流出を妨げ、その結果、侵食の深刻な影響を防止します。

これにより、コーティングなしでも損耗率が劇的に低下し、POXオートクレーブの耐用年数が大幅に延びます。インペラブレードは、異なる損耗保護コーティングまたは固体セラミックブレードを用いて、さらに実行することができます。

特徴:

  • CFDシミュレーションとパイロットプラント試験を利用して、ブレード形状を再適化
  • ブレードのトレーリング側の渦を最小化して損耗率を低下
  • インペラの寿命を大幅に延ばし、効率を高める
  • メンテナンス間隔を延長  

ダウンロード

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索