水素化

水素化のプロセスは、反応相手としてガス状水素を用いるタイプの化学反応です。

水素化は一般的に、不均一系触媒プロセスとして実施されます。水素は、液体中に溶解させるため微細気泡へと分散させます。溶解した水素の転化は、固体触媒粒子の表面上で起こります。一般的に使用される触媒は、活性炭上のパラジウム(あるいは白金、ロジウム、ルテニウムまたはコバルト)、およびラネーニッケルです。

液体中の水素の溶解度は一般的に低いですが、6 bar~150 barの高圧力レベルで水素化反応器を操作することにより、改善可能です。水素化反応器の運転温度の範囲は通常、30°C~250°Cです。 

水素化反応は一般的に物質移動に制限があるため、かくはんシステムは物質/液体移動を強化するという作業を請け負います。またかくはん機は、反応器システムを冷却するため熱伝達を強化します。容器内容物もまた、水素化プロセス中の温度および濃度プロファイルが不均一になるのを避けるため、均質化しなければなりません。連続運転の水素化反応器では、抽出物の流れと水素充填触媒が即座に接触するよう徹底させるという、さらなる作業があります。

EKATO水素化反応器といった最新の反応器システムでは、EKATO独自の複合ガス処理技術および効果的に設計された反応器冷却システムにより、物質移動制限が克服されています。これにより、バッチ時間の短縮、転化率の向上が可能であり、したがってより良い空時収率およびより良い製品品質を実現できます。

Contact
EKATO Hydrogenation Plant Technology
電子メール hydrogenation@ekato.com
Address Hohe-Flum-Strasse 37
79650 Schopfheim

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索