back

化学品業界

バルクおよび特殊化学品、ポリマー、バイオベース原料

混合技術には、ポリマー、化学中間体、APIまたは肥料、およびこれらから派生する消費財(ペンキ、接着剤、シーラント、潤滑剤など)の生産で行われる、多くの装置の運転が必要です。

何かお困りですか?

当社専門家がお客様にアドバイスいたします。
「連絡先を検索」

かくはんは、バッチ式または連続式の反応器で異なる要件(液体および固体成分の最適な混合、多相システムおける物質移動、反応熱の移動)を満たします。

大抵の場合熱的・機械的操作であるダウンストリーム加工での化学品の混合は、それらの特性と品質に影響を及ぼします。EKATO結晶化装置での粒子サイズの制御は、スラリーの濃度およびせん断プロファイルの定義により促進されます。固形生成物は、結晶化または沈降後に乾燥されます。EKATO真空乾燥機は、生成物の有害な過熱なしに、プロセス時間を短縮します。

消費財向けの化学品の処方では、多くの場合、高粘性素材のハンドリングを伴います。液体または粉末の粘性バルクへの摂取・分散を、好ましくはEKATO PARAVISCインペラにより行います。このインペラを別のシャフト上の壁スクレーパーまたは高せん断インペラと組み合わせて、フレキシブルな運転と生成物均質性の最大化が可能です。

EKATOは、複雑なプラントのスケールアップおよび設計のための包括的なノウハウを提供いたします。これらのエンジニアリングサービスには、EKATOの研究開発ラボでのパイロットトライアル、および数値流体シミュレーション (CFD) が含まれます。あらゆるコンポーネントの機械的エンジニアリングに、有限要素解析 (FEA) といった最新のツールを活用しています。これにより、プラントの安全と信頼性を損なうことなく、投資コストの削減を実現しています。

シール供給システムを含むEKATOの機械的シャフトシールは、すべての圧力レベルでかくはん機の確実な動作を保証します。サービス間隔が長く、メンテナンスが容易な同シールは、供給を監視・制御するための自動化レベルを、運転および安全要件に合わせて調整することができます。  

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索