back

研究および開発

かくはんと混合技術は古典的な基本業務のひとつですが、プロセス業界全体と同様に、絶え間なく変わっていきます。EKATOは、ドイツおよび米国で複数の研究開発センターを運営し、新技術のソリューションを開発していますので、増大するコスト/エネルギー/原料効率の需要を満たすことができます。

EKATOの研究は、混合プロセスの物理的および化学的原理に関係しています。混合とプロセス結果との間の相互作用の理解のみが、最適なソリューションを導きます。

一方で、開発の焦点はインペラ自体に当てられています。最先端の流体シミュレーション法により、プロセス固有の要件に合わせてインペラを最適化可能です。せん断応力の発生または防止、異なる粘性での混合効率や熱伝達の最大化、または損耗の防止のいずれであっても、最適化されたかくはん機を用いることにより各プロセスをより経済的に操作することができます。また、新しい建設資材の使用(金属、セラミックまたは複合材料)により、研究開発の成熟度が集中的に調査され、市場化されています。腐食性または研磨性環境でかくはん機および容器設置の耐用年数が延びると、プラント操業者のメンテナンスコストが削減されます。

一方EKATOは、お客様に代わりアプリケーションの開発を行っています。並行化学的プロセスおよび物理的プロセスを有する多相システムにおける材料特性および流体力学の相互作用は、多くの場合、計算するのが容易ではありません。そこで、解釈に必要な情報を実験により提供いたします。これらは、オープンなガラス容器でのシンプルなバッチ試験である可能性があります。特に連続作業では、すべてのコンポーネントを備えたシステムセクション一式のパイロット化が有用です。最後に、研究開発では化学反応を最大100 barの圧力で行うことができるクローズドシステムも運転して、化学と混合の相互作用を解明します。

研究開発の成果は、最先端の専門知識を持つ実績あるチームによるものです。化学者、エンジニア、技術者は、プラント操業者に最大の効率と運転の安全性を保証する、ソリューションを開発しています。

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索