back

流体力学シミュレーション (CFD)

CFD(計算流体力学)の複雑な流動プロセスの数値シミュレーションは、EKATOによる研究開発に不可欠な部分です。CFDにより、かくはんタンク内のインペラの周りの流動パターンの正確な洞察が得られます。

インペラをCFDによって最適化し、最小限の電力入力で効率的にプロセス要件を満たすことが可能です。

まず、一般的な流動場および局所速度を決定しなければなりません。これは、場所により混合強度が低くなるのを回避するため、および供給装置または熱交換器の位置を最適化するために必要です。このようなコンポーネントの油圧負荷はCFDから得られ、これらの負荷は有限要素解析 (FEA) による設計の入力情報です。CFDのプロセス後ツールは、実際の流動状況を視覚化するのに最適です。

乱流強度の知識は、多くのかくはんプロセスの設計の基礎です。ガス/液体の分散または傷みやすい結晶への応力は、乱流パラメータにより決定されます。CFDにより、そのようなパラメータの局所分布が提供され、最適なプロセス結果に関する異なるインペラタイプの比較が可能になります。コイル、チューブバンドル、プレートの熱伝達係数は、非常に複雑な形状であってもこのように計算することができます。

連続運転またはバッチ運転でのかくはんタンク内の混合の進行度は、得られた濃度と温度プロファイルを調べて確認可能です。デッドゾーンを検出し回避できるばかりではなく、反応器、結晶化装置、発酵槽の最適なコンセプトを導き出すことができます。   

EKATOの包括的な混合技術ノウハウは、研究開発部門のラボやパイロットプラントの最先端の設備に基づいているだけではありません。最新のツールが数値流体力学CFDとして、理想的にそれらを補完します。これらの試験用およびシミュレーション用ツールにより、お客様は利益最大化のための生産プロセスを開発する広範なサービスを受けられます。

世界の連絡先 現地連絡先をお調べいただけます

今すぐ検索